「いいね。いいねいいね。」「泥粘土の人形」「ピングーね。」  2018年11月25日(日)公開

12回目の今回は、新井さんの洗濯物待ちの時間を使っての収録でした。相変わらずの落語ネタからスタートする今回、前回までのリアルタイム入力によるテクノ風(ロッテルダムテクノ風←上妻が言いたいだけ)から一変しあらいさんの「俺、ギター弾きたい」という意思によりBGMが素敵なギターのインストになっています。

オープニングトークでは「五丁目新聞をまた作る」という話からはじまり、新聞のあらいさんのコーナー名がまだないので何にしようかというような話や、あらいさんが最近買った本:町田康さんの『ギケイキ2: 奈落への飛翔』(河出書房新社、2018)についてお話ししています。

一度来てしまうと何通も来てしまう「お悩み相談コーナー」ではラジオネーム:おばけナイターさん(41歳)からのお悩み:ゴミの不法投棄、ゴミ捨て場を荒らすカラス、その被害を受ける相談者さんの車についてのお悩みについてイリュージョン(©立川談志)しています。

ちなみに、冒頭の「俺が死んでる」は恐らく粗忽長屋からの引用だと思われます。浅草観音詣でに来た八五郎が、身元不明の行き倒れを同じ長屋の熊五郎だと言い、長屋に急いで戻った八五郎が「お前が死んでいたよ」と熊五郎を説得します。とまぁ云々があって、八五郎に言いくるめられて、熊五郎は自分が本当に死んだのだと納得してしまいます。熊五郎は自分の死体を引き取るために八五郎と連れ立って浅草向かう…という話です。「抱かれているのは確かに俺だが、抱いている俺は一体誰だろう?」というさげが奇しくも、今回のお悩み相談コーナーの応えに実は近いかもしれません。

今回の「90年代のハードロックやヘヴィメタルを聴こうのコーナー」は…

今回の一枚は、アメリカのハードロック・バンドのグレイトホワイトの5枚目のスタジオアルバム、『フックド』です。日本では1991年3月6日に東芝EMIから発売されています。

Billboard 200で最高で18位ですが、Swiss Albums Top 100でも5位といかにもアメリカな音の割になぜかスイスでバカ売れしています。ちなみに日本ではオリコンチャート39位が最高位でした。”Congo Square”、”Desert Moon”、”Call It Rock n’ Roll”がシングルカットされており、”Call It Rock n’ Roll”のみがBillboard Hot 100で53位にチャートインしています。と、まぁ、何となく中途半端な印象ですが、アメリカとカナダでゴールドディスクの認定を受けています。

プロデューサーは当時のガンズアンドローゼズのマネージャーAlan Nivenと、エンジニア・プロデューサーで過去のグレイトホワイトのレコーディングにもメンバーとして参加しているMichael Lardieの共同プロデュースです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です