「上妻の病院体験」2018年5月27日(日)公開

第2回は、あらいさんの提唱するDVDを何度も楽しめる方法や、DVDのオーディオコメンタリーはなぜ面白いのか。上妻の病院体験と、明らかに興味のない「モノ・ヒト」にたいする人の反応の共通点などについてお話しています。

「90年代のハードロックやヘヴィメタルを聴こう(仮)」では、2010年5月16日に亡くなってしまった、ディオの5枚目のスタジオアルバム、「ロック・アップ・ザ・ウルブズ」(1990年の6月15日・日本フォノグラム発売)を聴いています。

全米チャート最高61位、全英チャートは最高28位でした。エグゼクティブ・プロデューサーがロニー・ジェームズ・ディオ。共同プロデューサーがトニープラット。加入当時17歳のイギリス人ギタリスト、ローワン・ロバートソンのギターが、今日的には、評価されているようです。

彼のその後を調べてみようと思ったのですが、日本で再び注目されるような活躍はしてないようです。

1990年の6月は日本でいうと、B’zの 『太陽のKomachi Angel』やジッタ・リンジンの 『にちようび』、この時点で既に20枚目のアルバム、カシオペアの『THE PARTY』が発売されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です