「ワンチャンとデスデス」2018年8月12日(日)公開

暦の上ではディセンバー」は「アメ横女学園芸能コース」の曲ですが、暦の上ではもう秋になってしまいました。しかし収録したのは7月の今回は、ベンチャーズや高木ブーさんなど最新の音楽事情や、「ワンチャン」や「デスデス」とか言った現代日本語で本当に使っている人がいるのが不思議な言葉や、現代の娯楽の王様は何か?新井さんは立川談志の芝浜を聞いていると泣いてしまう話、ロジャー・コーマンの映画がもっと見たいというような話をしています。上妻は、尊敬する後輩の人たちとうどん屋で、ビースティ・ボーイズのPVを見て盛り上がった話などをしました。

90年代のハードロックやヘヴィメタルを聴こうのコーナーでは、ディープ・パープルの通算13枚目のスタジオアルバム「スレイヴス・アンド・マスターズ」を鑑賞しました。

アメリカでのリリースは1990年8月20日、日本では同年9月27日に東芝EMIから発売されています。

ビルボードの全米チャートでは最高87位、日本のオリコンチャートでは最高17位、全英チャートでは45位でした。

プロデューサーはロジャーグローバー。ディープ・パープル唯一のジョー・リン・ターナーがボーカルとして参加したアルバムです。個人的には、掴みの1曲目が超絶地味で、大丈夫か?と心配してしまうような出足ですが、2曲目、3曲目と聞いていくうちに、あー、リッチーってこういうギタリストなのね、と改めて懐の広さというか、クラシカル一辺倒ではないということを認識させてくれるアルバムではないかと思います。

1990年10月は日本でいうと、B’zは6・7枚目のシングル『Easy Come, Easy Go!』、『愛しい人よGood Night…』を、徳永英明は6枚目のアルバム『JUSTICE』、森高千里5枚目のアルバム『古今東西』、永井真理子は12枚目のシングル『ZUTTO』がリリースされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です