第39回「スミス鼻でかいな。」2020年07月21日(火)公開!じんべぇさん、じんべぇさん、死んでる。

「あ〜夏休みぃ。」にもうすぐなってしまいますが、収録したのはほぼ1ヶ月前の6月24日(水)でした。今月も寝かしまくってごめんなさい。絵も描き始めれば1時間もかからないのですが、もう本当にあらいさんに怒られるんじゃないかと、毎月ヒヤヒヤしています。

マイケル・ジョーダンとピッペンのいいかげんなトークからスタートする第39回は、あがつまがローンを払い終えたばかりのマックブックの液晶が割れた話や、あらいさんがひとりで宅録していた話、桂文珍さんブームで聴いていた落語「猫の忠信」や「地獄八景亡者戯」のお話をしています。

今回の「あらいごうゼミ」はあらいさんのターンで、坂本達哉 著『社会思想の歴史 マキアヴェリからロールズまで』の第6章「スミスにおける経済学の成立」についてお話がありました。コンパクトにまとめられるチカラにもう、横山ノックアウト状態のあがつまなのでした。

最後の音楽を聴こうのコーナーでは、『DISCO GREAT TOKYO Columbia Disco Fever 1977-1980 selected by T-Groove』から、Helen Santa-mariaさんの「ジェラシー」(1979)を鑑賞しました。

「1時から4時までが勝負」ってことで今回もよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です