「疼くんだ。血が。」 2018年10月28日(日)

最近、テキスト担当のあがつまは毎晩ツインピークス・ザ・リターン漬けの日々を送っていますが、家族が寝静まる23時ぐらいから見ると、30分ぐらいで寝落ちして劇中の誰かの叫び声で目を覚まします。10回目の今回は、前回同様1時間半越えの超大作です。ツインピークス・ザ・リターンでいうと、大体2話分。

冒頭25分ぐらいは、いつも通りあがつまとたわいのないお喋り:電球の話や、「5丁目ラジオのジングルが欲しいので、今叫ぶからこれを使ってジングルを“暇な時に”作ってくれ」と乱暴にあがつまがあらいさんにお願いをしたりし、この世に幽霊や妖怪・妖精が存在するか。落語「芝浜」の良さを人に説明するとき、どこがどう良いのか、説明しにくいという話をしています。

今回も、前回に引き続き、ゲストにあらいさんのバンド仲間:善財和也(a.k.a.むゆうじゅ,KAMOSU)さんをお迎えし、大駱駝艦・天賦典式を主宰する麿赤兒さんとの出会いや、白塗りで踊ったりしていた話。そして、その踊りに自分で音をつけたくなり、カセットMTRで楽器じゃないもので音楽を作ることが面白かったなどなど…。また「妄人文明」を始めた経緯や、「妄人」に関する説明、「念形師家元 須永健太郎」さんの「念形」についてなど今までに聞いたことのない文化が目白押しです。また、ホーミーに興味のある方には必聴の回となっています。

前回同様、善財さんのお話があがつまにはとても興味深く、面白いのですが、真似はできないなぁ。と思いました。誰かの夢の話を聞いているかのような、前回と今回はツインピークス・ザ・リターンで言う所の「僕らは夢の中に生きている」感がでています。

今回の「90年代のハードロックやヘヴィメタルを聴こうのコーナー」は…

今回はあがつまがCDを忘れて来てしまったので、以前話題にのぼっていた高木ブーさんの「LET IT BOO」を聞きました。2000年1月21日にソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズから発売されています。

このアルバムは題名の通りビートルズのカヴァーアルバムで、収録曲は「OB-LA-DI,OB-LA-DA」「MICHELLE」「YELLOW SUBMARINE」「SHE LOVES YOU」「YESTERDAY」「ALL MY LOVING」「HERE COMES THE SUN」「LOVE ME DO」「TICKET TO RIDE」「GIRL」「LET IT BE」。

「ワンチャンとデスデス」2018年8月12日(日)公開

暦の上ではディセンバー」は「アメ横女学園芸能コース」の曲ですが、暦の上ではもう秋になってしまいました。しかし収録したのは7月の今回は、ベンチャーズや高木ブーさんなど最新の音楽事情や、「ワンチャン」や「デスデス」とか言った現代日本語で本当に使っている人がいるのが不思議な言葉や、現代の娯楽の王様は何か?新井さんは立川談志の芝浜を聞いていると泣いてしまう話、ロジャー・コーマンの映画がもっと見たいというような話をしています。上妻は、尊敬する後輩の人たちとうどん屋で、ビースティ・ボーイズのPVを見て盛り上がった話などをしました。

90年代のハードロックやヘヴィメタルを聴こうのコーナーでは、ディープ・パープルの通算13枚目のスタジオアルバム「スレイヴス・アンド・マスターズ」を鑑賞しました。

アメリカでのリリースは1990年8月20日、日本では同年9月27日に東芝EMIから発売されています。

ビルボードの全米チャートでは最高87位、日本のオリコンチャートでは最高17位、全英チャートでは45位でした。

プロデューサーはロジャーグローバー。ディープ・パープル唯一のジョー・リン・ターナーがボーカルとして参加したアルバムです。個人的には、掴みの1曲目が超絶地味で、大丈夫か?と心配してしまうような出足ですが、2曲目、3曲目と聞いていくうちに、あー、リッチーってこういうギタリストなのね、と改めて懐の広さというか、クラシカル一辺倒ではないということを認識させてくれるアルバムではないかと思います。

1990年10月は日本でいうと、B’zは6・7枚目のシングル『Easy Come, Easy Go!』、『愛しい人よGood Night…』を、徳永英明は6枚目のアルバム『JUSTICE』、森高千里5枚目のアルバム『古今東西』、永井真理子は12枚目のシングル『ZUTTO』がリリースされています。