「お小遣いもない。店に行っても売ってくれない。じゃ河原。」2019年03月20日(水)公開

「あれ、五丁目ラジオ最近配信されてないんじゃない?」と、思ってくれている人が世の中にどれくらいいるのかわかりませんが、今回の収録日は2019年2月21日(木)でした。と約1ヶ月更新がなかったわけですが、新聞ができたり、五丁目ラジオのBGMをまとめ売りしてみたりしていたので、案外本人たち以外は気にしていないかもしれない第19回目なのかもしれません。

そんな今回は、ツアー帰りのでちょっと眠い新井さんのヒューマン・ビートボックスからはじまり、新井さんが4月にアメリカに行く話や、あのビックネームも執筆している『五丁目新聞』最新号についての話を経て、最近上妻が研究していた米GIBSON社のSGについてのお話は、説明下手な上妻にしては上手にまとめられており、尊敬する大人の一人である岡田さんからThe Whoのlive at Leedsを聴いてちゃんと勉強しろと指導された話もしています。いずれ「五丁目ラジオ・リサーチ室」にアーカイブしたいともいます。

その流れでKPMのリーダー廣瀬さんが使うスタインバーガーなどにもみられるヴィンテージ機材が、パーツどりのために、個体が少なくなっている話などオープニングトークではしています。

そして、今回は上妻の関心ごとである

「日本の大手コンビニエンスストア企業3社が、18歳未満への販売が禁止されている成人向け雑誌の販売取りやめを相次いで発表した。日本では、今年9月にラグビーワールドカップが開幕するほか、2020年夏に東京オリンピック・パラリンピックを控え、多くの外国人観光客の訪問が見込まれている。」

という話題に対して、電気グルーヴとの出会いは『スーパー写真塾』であったとか、エッチな本は昔は河原にあったこと、そういう本は案外文化レベルが高いとかいう話をしながら、新井さんがツアーで手に入れた『月刊かえる』の内容とそのコストについて、割と真剣にお話しています。あれ?ひょっとして傑作回?!というような内容です!

【41分47秒あたりから】今回の「90年代のハードロックやヘヴィメタルを聴こうのコーナー」は…

今回の一枚は、ドイツのヘヴィメタルバンドU.D.O.の4枚目のスタジオアルバム、『タイムボム』です。日本では1991年5月21日にBMGビクターから発売されています。

ウドといえばプロモーターか、鈴木が一般的ですが、メタルキッズなら一度は聞いたことがあるであろう、アクセプトのヴォーカル:ウド・ダークシュナイダーが1987年に結成したバンドがU.D.O.です。

個人的な印象ですが、結局この後元サヤのアクセプトに復帰するわけですが、復帰後の2枚目のアルバム1994年発売の『デス・ロウ』の印象がとてもとても悪く、これまで積極的に聴こうと思わなかったわけですが、このアルバム『タイムボム』こんな機会じゃなと向き合えないと思い、取り組んでみようと思いました。

結果、このアルバムとてもいいです。1992年ごろに出会っていたら、これ毎日聴いてただろうなぁとか思ってしまいます。何がいいっていうと、ギターがいいです。マティアス・ディートさんの弾くギターは、ジャーマンメタル寄りではなく、イングヴェイ寄りのネオクラシカル路線なのですが、弾きすぎない感じが食い足りなさを感じさせつつも、これを良いと思わせるのは結構至難の技ではないかと思います。ネットで検索するとジューダス・プリーストのペインキラーがリファレンスとして紹介されていますが、そういう文脈で理解はできるけれど、こちらの方がより野暮ったいというか、ダサい感じがします。

バーンのレビューをまとめると、

「ウド・ダークシュナイダー個人の基本姿勢は4枚目の本作にも脈々と流れていて、特に7などは上級のパワーメタルに仕上がっている」(酒井 81)

「”HMをルーツとするHM”であり、クオリティと攻撃性を併せ持つ作品としては、最上級に近いものだと言える。(中略)”意地にも似た気迫”……これは彼らにとっての「painkiller」なのかもしれない。」(増田 90)

「明らかに「painkiller」を意識したハード&ヘヴィな本作は、ドイツのことなんか忘れて世界に飛び出すにふさわしい強力盤に仕上がった。」(広瀬 94)

「ACCEPTというひとつの様式によりかかりきることなくウドを主役の座に再び押し上げる、文字通りの”力作”だ。」(平野 91)

という感じです。

プロデューサーは、アクセプトのドラマーとしてウドと長年活動を共にしたステファン・カウフマン。と今調べていて驚いたのは、カウフマンが元ドラマーだったことで、1989年頃からカウフマンが激しいドラミングと長年のツアーから背骨の異常をきたし活動不能になり、プロデューサーに転向、その後1994年のアクセプトの再結成ではドラムに復帰するものの再度の体調悪化のためにバンドを離脱。1997年、ウドとステファン・カウフマンを中心にU.D.O.としての活動を再開した時にはギタリストとしてバンドに参加しました。

1991年の5月日本では、 Mi-Ke[2ndシングル] 『好きさ好きさ好きさ』 、 観月ありさ[1stシングル] 『伝説の少女』 、 小泉今日子[32ndシングル] 『あなたに会えてよかった』 、TM NETWORK[25thシングル] 『Love Train/We love the EARTH』などがリリースされました。

番組内で『あなたに会えてよかった』の作曲者は誰だという話で、上妻が適当に阿久悠とか言ってますが、作詞は小泉今日子さん、作曲・編曲は小林武史さんでした。ちなみに『伝説の少女』は作詞・作曲が尾崎亜美(編曲:佐藤準)さんでした。じゃあ、『好きさ好きさ好きさ』は?というと、イギリスのロックバンド:ゾンビーズ(The Zombies)のシングル「お好きな時に(Whenever You’re Ready)」のB面曲でしたという発見がありました。

ゾンビーズ『好きさ好きさ好きさ』

観月ありさ『伝説の少女』

小泉今日子 『あなたに会えてよかった』

「お前らが普通の音楽あんまり聞いてないから、俺がお前たちに本当にいい音楽を聴かせてやる【魅惑のインスト曲編】by木村俊介・前編」2019年01月04日(金)公開

2018年はイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)の結成40周年のアニバーサリーイヤーでしたが、電気グルーヴが結成30周年、人間椅子がデビュー30周年の2019年、1回目の配信は、私とあらいさんの「こんばんは」の挨拶からスタートします。その理由は、今回のゲスト:木村俊介さんの終業待ちのため、遅い時間から収録したためです。

というわけで第15回は、ゲストに音楽研究家の木村俊介さんをお迎えして、特集:「お前らが普通の音楽あんまり聞いてないから、俺がお前たちに本当にいい音楽を聴かせてやる【魅惑のインスト曲編】by木村俊介・前編」をお送りします。

今回の配信では、私たちが聴いたことのない最新ヒット曲や、木村さんのオールタイムフェイヴァリット、最近ブームだというプログレッシブ・ロックなどを聴きながら、2019年の音楽展望や、最近の研究活動とこれからについて、木村さんの近況などについてうかがいたいと思い、事前に「最新編-3曲・オールタイム・ベスト編-3曲・プログレ編-3曲・Jpop編-1曲」とオーダーを出しましたが、全くそれを無視した選曲をしてきてくれました。

まぁ、清志郎よろしく、ベイエリアからリバプールから、木村さんのアンテナがキャッチしたナンバーを聴きながら、いつも通りの無駄話をしています。

【15分30秒あたりから】特集:「お前らが普通の音楽あんまり聞いてないから、俺がお前たちに本当にいい音楽を聴かせてやる【魅惑のインスト曲編】by木村俊介・前編」

Van Halen: Eruption

Dokken: Mr. Scary

Steve Morse Band: Stressfest

fox capture plan: Attack on fox

fox capture plan: カバー曲

【ネタバレ】https://youtu.be/mUe4w4lP9e0

【48分35秒あたりから】今回のお悩み相談コーナーは…

  • ラジオネーム:忘却のさちこ賛からの「始めたばかりの仕事が思うように進められず落ち込み、そのことを愚痴らせてくれ!と知人にSOSを出したら、この場所で吐き出せとばかりにリンク飛んできたので、送ります。もうこれだけで元気でちゃうんじゃない?!って気分です。嘘です。」にお答えしました。

各種、5丁目副産物を色々と発行していく2019年にしたいと思います。今年もよろしくおねがいいたします。

「シタールはどこの国の楽器ですか?」2018年9月27日(木)公開

もうすぐは10月ですが、前回同様収録はお盆あけの8月17日(金)でした。毎度の2本録りのためちょっとテンションが「ギアいじったっけ、ロー入っちゃって、もうウィリーさ」という所謂「だるま屋ウィリー事件」状態の第8回目はシタールの音からのスタートでした。

前回同様、なかなかお悩み相談のお手紙が来ないので、上妻自ら「限られた時間内で文章を書くのが苦手だ。」と、夏休みの夏期講習で感じたことを新井さんに相談しました。

今回はタイトルコールが早かったため、新井さんによるライブ録音のBGMが「いつもより余計に(多く)回しております」という海老一染之助・染太郎MIXでお送りしております。

そして、そのBGMを作るための機材紹介や一工夫、どういう環境で聞いて欲しいかといった音楽的な話をしています。そのほか、246に気をつけろ!、オバケのQ太郎、五丁目新聞を国会図書館に収めに行きたい話、関沢先生のコラム「発想コンサルタント」についてのお話など、いつも以上にとりとめの無い話をしています。

今回の「90年代のハードロックやヘヴィメタルを聴こうのコーナー」は…

レイジの5枚目のスタジオアルバム、リフレクションズ・オブ・ア・シャドウです。日本では1990年12月にビクターエンターテイメントから発売されています。

プロデューサーはARMIN SABOLさんです。読み方はよくわかりません。

チャートや世間一般の評価とは無縁なようで、日本語のウィキペディアにはこのアルバム自体のページはありませんでした。なので、ヒゲ・スカイウォーカーさんがやっているブログ「重金属と共にあらんことを ~May The Metal be with us~」を参照しました。

曲調は大まかに「お笑い」「ギターが聴きどころ」「曲展開で聴かせる」「美メロタ」4タイプの分類されています。お笑いは、2、5、6、12曲目、ギターが聴きどころは3、10曲目、曲展開で聴かせるは4曲目、美メロが8、9曲目で9曲目はこのアルバム唯一のスピードチューンだそうです。この方の【お気に入り】は#9:Saddle The Wind、#3:True Face In Everyone、#8:Faith、#10:Dustで、【爆笑】は#2:Thats Human Bondage,#6:Cant Get Outだそうです。

1990年の12月は日本でいうと、B.B.クイーンズ[2ndシングル]『ギンギラパラダイス』やTM NETWORK[23rdシングル]『RHYTHM RED BEAT BLACK』が発売されています。今月もJITTERIN’JINNのリリースはありませんでした。

ちなみにTMネットワークの24枚目のシングル(電気にとってはファーストシングル)、RHYTHM RED BEAT BLACK(Version 2.0)バージョン・トゥー・ポイント・ゼロというものも存在し、このシングルには、メジャーデビュー以前の電気グルーヴによる「RHYTHM RED BEAT BLACK」のカバーVersion 30000000000「3千億」が収録されています。

というわけで、ドイツのバンドでありながら、こちらもドイツらしくないバンド:レイジを長々と鑑賞しました。