第52回「Be Excellent to each other」2021年4月9日(金)公開!

はい。皆さんにとって2020年はどんな年だったでしょうか。ひとまず、あらいさんもあがつまも、そしてあの人も元気に生きている(はず?の)2021年4月9日(金)公開の第52回は2020年12月26日録音でした。

今回は年末なのであの人がやってくるはずなのですが、なかなか姿を表さないので、2人で「手持ちぶたさんかわいいねー」とかそういう話をしています。あらいごうゼミでは中村英世著『社会学ドリル この理不尽な世界の片隅で』のナカムラコラム「10.希望がなくてもいいじゃないか」を読んで、あらいさんがシタールを習い始めた頃に受けた衝撃についてお話しをしています。で、100点満点のテストで60点をとったときに、間違えた40点をどう考えるかについて、あらいさんがなんかいい話をしています。

「たまにはCDを聴こう」のコーナーでは『船山基紀サウンドストーリー 時代のイントロダクション』からTOKIOさんの「AMBITIOUS JAPAN!」を聴きました。作詞はなかにし礼さん、作曲は筒美京平さんです。2020年を締めくくるのに最高の選曲でした。

なかなかこないあの人は果たしてくるのか?!

第51回「サブウェイ的人生では、パンすらいらないかもしれない。」2021年3月22日(月)公開!

桜が咲いているというのに「2020年の重大事件は?」という話をしています。あがつまは「通信教育の英語史の単位を2年連続で落として、4万円をすってしまった」、あらいさんは「壇蜜さんの結婚相手が清野とおるさんだった」ということが2020年の重大事件でした。映画を観なかった2020年、世の中は鬼滅ブームだったわけですが、あらいさんはオーメンを何度も鑑賞し、動物園で動物が逃げちゃう話とかをあがつまに教えてくれるのでした。で、鬼滅は観たのか?という話の中で「普通の人の普通の話はみんな興味ないでしょ?問題を抱えている人のお話だから面白いんだよ」って、なるほどな〜とか思いました。

まぁそんな感じで、今回のあらいごうゼミでは、中村英代著『社会学ドリル:この理不尽な世界の片隅で』からコラム「マクドナルド的人生、サブウェイ的人生」を読んである結論に達しています。なるほど、サブウェイはウーバーしにくいよね…。

「たまにはCDを聴こう」のコーナーでは『船山基紀サウンドストーリー 時代のイントロダクション』からアパッチさんの「あまったれ」を聴きました。

あ。今回もイラストは本編には関係ありません。