第53回「オレのCITY POP論とウドンと交差点」2021年5月10日(月)公開!

季節はすっかり初夏の今日この頃、今回世界初公開する五丁目ラジオ第53回はナント!!(アンリ4世による勅命)番組史上初の外ロケを敢行!してしまったのでした。

ちょうどこの頃、私は毎日キンシオの『16号の旅』を毎日見ていまして、番組内で訪れる自家製うどん・たぐち家さんに行きたくて仕方ありませんでした。そういうわけで、簡単にいうと「私の定期検診の帰り道に男2人でうどんを食べに行く」という話なのです。

オープニングトークでは、「内視鏡画像の写真集があるんだよ」とか「食人文化の本はフランス人が書いてるので、エスプリが効いてる」とか、あらいさんが、最近はまっている、サンキュータツオさんの本『これやこの』とか養老孟司さんと伊集院光さんの共著『世間とズレちゃうのはしょうがない』、高橋源一郎さんの『日本文学盛衰史』などの本の話をしています。そしてあらいさんがキウイとパパイヤマンゴーズのレコーディングの際に感じた「CITY POPとはこういうことではないか」という話をしています。

本当に最後にうどんをすすることができるのか、そして番組の最後にあの人気者も登場します。今回もサービス・サービス!ちなみにアフターサービスは、YMOの9枚目のアルバムで、1984年2月22日なので、第53回の録音(2021年2月18日)はその36年と362日前に収録されたことになります。

「フジロックっていうとみんなニコニコしだす。」2019年7月29日(月)公開

五丁目ラジオ27回目の主なトピックス

2019年7月26・27月28日(金・土・日)の三日間に渡って新潟県湯沢町苗場スキー場で開催されたFUJI ROCK FESTIVAL’19(26日・Gypsy Avalon)にキウイとパパイヤ、マンゴーズとして出演を無事終えた、あらいさんの最新コメントが聞けるのは「五丁目ラジオ」だけ!今回はFacebookにおける「ゴン太の変」についても触れています。

  • はじめてのフジロック〜いま世田谷あたりだけどね〜
  • 体調について〜鬱っぽくなる・40肩になる〜
  • 星と星との遠距離恋愛〜Rah Band – Clouds Across the Moon〜
  • ゴン太くんがハムかつに似てる問題〜それがゴン太かどうか〜
  • 伊集院光 深夜の馬鹿力の聴き方〜流しっぱなしで聴けなかった部分はどうなっているか?〜
  • After 6 Junctionについて〜もしも出演したらどんな感じか〜
  • 君も組織の人間なんだから〜押川先生とか関沢先生の思い出〜

などなど

今回の「90年代のハードロックやヘヴィメタルを聴こうのコーナー」は…

今回の一枚は、アメリカのハードロックバンド:ガンズ・アンド・ローゼズの2枚目のスタジオアルバム、『ユーズ・ユア・イリュージョン I』を鑑賞しようと思いましたが、上妻が最近買ったCD:電大『電大ベスト12−18』を鑑賞しました。