「メタリカよりも音圧高い〜ノーナ・リーヴス「未来」〜」2019年6月25日(火)公開

五丁目ラジオ25回目の主なトピックス

  1. たわいもない・とりとめもない話
    • 上妻が四国八十八か所霊場めぐりで出会った外国人のおじさんの話〜五丁目新聞ニ、コウコクノセタイデスネ〜
    • KPMの曲がラジオで流れるから〜演歌と演歌の間にKPM、紅白出ちゃうの?出るとしたら赤?白?〜
    • 上妻の悩み〜手持ちのアイディアが尽きてる、そんな時どうする?〜

    などなど

DOEPFER DARK ENERGY+ELECTRIC_SITAR

今回の「90年代のハードロックやヘヴィメタルを聴こうのコーナー」は…

今回の一枚は、イギリス出身のヘヴィメタルシンガー:オジー・オズボーンの『No More Tears』を聴こうと思いましたが。ちょっと今回は趣向を変えて、1995年に結成された日本のポップ・ロックバンド:ノーナ・リーヴス(NONA REEVES)の14枚目のスタジオアルバム『未来』(2019年3月13日発売)を鑑賞しました。収録曲は以下の通りです。

  1. 未来
  2. ガリレオ・ガール
  3. 今夜はローリング・ストーン feat. RHYMESTER
  4. Physical
  5. Sad Day
  6. プレジデント・トゥナイト
  7. Go Home
  8. Sorry JoJo
  9. Aretha
  10. Disco Masquerade
  11. 遠い昔のラヴ・アフェア

もちろん3曲目の「今夜はローリング・ストーン feat. RHYMESTER」のPVを見て、即購入を決めたわけですが。なぜか新品と中古をそれぞれ1枚買ずつ買ってしまい、もう1枚は上妻の信頼する人物に参考資料として五丁目新聞とともに託しました。いずれこの2枚が劇的な再会を果たして…のような壮大な話はありませんが、オリコンでは最高44位を記録しています。

メタリカよりも音圧高いことや、1曲目の「未来」がRah BandのClouds Across the Moon(Rah Bandでピント来なかったのは、砂原良徳(まりん)さんのカバーで先にこの曲を知ってしまっていたからかもしれません。)や、ドクター・バザーズ・オリジナル・サバンナ・バンドみたいだとかいう話をしていると、まるでサタデーナイト・ラボかデイジーワールド(やホリデー)をやっているかのような気分に。