「テクノ。それは出られない温泉。出ると寒いから。」2019年7月16日(火)公開

五丁目ラジオ26回目の主なトピックス

最近、文字起こしとかメタルの原稿をサボっていますが、なんとか通信教育の放送授業もひと段落ついたので、次回あたりから本気を出して取り組みたいと思います。ライムスターで言うところの、『待ってろ今から本気出す』と言うことで今回もご容赦ください。

  • ピエール瀧さん裁判で「ZIN-SÄY!」について問いかけられる〜はーい。わっかりましたぁ。〜
  • BPM120くらいのテクノについて〜「Takkyu Ishino Works Chronicle」(2018年放送・4週連続の特別番組)〜
  • トロピカル宴会 BY ​Kiwi & The PapayaMangoes〜協賛の声の人が次の日から風邪(?)をひく〜
  • 富士そば 冷やしポテトチップス問題〜幸運の女神には前髪しかない〜

などなど

今回の「90年代のハードロックやヘヴィメタルを聴こうのコーナー」は…

今回の一枚は、イギリス出身のハードロックシンガー:オジー・オズボーンの6枚目のスタジオアルバム、『ノー・モア・ティアーズ』を鑑賞しました。日本では1991年9月26日にソニー・ミュージックレコーズから発売されています。

鑑賞はしているのですが、途中からバイオリンに張ったギター弦からどのような音がするのかや、「Mama, I’m Coming Home」という歌詞に対して、「オジーオズボーンであることに疲れた・飽きた」時オジーは、オジー以外の職業ができない、コンビニでバイトもできない、しかしカナダ出身のヘヴィメタル・バンド:アンヴィル (Anvil) は、バイトをしながら音楽を続けている、「どちらが幸せだろうか?」という椎名林檎的なあれについて少し考えてしまいました。

まぁ、そんな感じでフジロックであらいさんと握手!

「カードダス知ってる?」「なんのカード?」「ガンダム」2019年4月22日(月)公開

あれ?新井さんアメリカから帰って来ちゃってますよね。なんか、4月って忙しいですよね。上妻もそれなりに忙しくてですね、やっと3月末に収録したものを本日公開します。

と言うわけで、渡米直前の新井さんとのお話は、3月末だからこその内容、上妻が「卒業式」で着なければならないスーツがめんどくさいと言う話から、新井さんが参加しているキウイとパパイヤ、マンゴーズ(Kpm)がアメリカで行われる(た)『SAKURA MATSURI JAPANESE FESTIVAL』に出演しますよ、そしてドレスコード(ビジネス)があるパーティにも参加しますよ、だから「スーツに見えますが作業着です」と言う作業着スーツを買いましたと言う話をオープニングではしています。個人的には、新井さんは『SAKURA MATSURI JAPANESE FESTIVAL』で桜の木を切って、「ごめんさい」とワシントンD.C.でワシントンのように謝ることができたのか、そしてそれは「千本の桜の木より」値打ちがあったのか?と言うことが気になりますが、そんな話はあんまりしてません。

そして、アメリカでも配布することができたのかは定かではありませんが平成最後の『五丁目新聞』で「わしはラジオじゃって」って言っている人が実は結構ビックネームだったと言う話や、ライブ会場で3歳ぐらいのお子さんが一生懸命新聞を読んでいてくれた話をしています。

普通に考えると、箸にも棒にもかからない、(ほぼ)影響力のないメディアである『五丁目新聞』に執筆してくれる関沢先生や、出稿してくれている株式会社リブロスさんやらくらく整体院さんに感謝しつつ、デットプールだってディズニーユニバースに加われるこの時代であれば、我々もディズニーに買収されてもおかしくないであろうと言う願望を吐露しています。

めでたく一周年を迎えるわけですが、今回の主な話題は上妻が苦悩する、「ワイドショー的な」情報戦について、それはどう言うものなのか、なぜ上妻はそれで苦悩しているのかについて、新井さんが優しく解説してくれています。まぁ、要は「カードダス」だと。

【33分05秒あたりから】今回の「90年代のハードロックやヘヴィメタルを聴こうのコーナー」は…

アメリカのハードロックシンガー:アリス・クーパーの19枚目のスタジオアルバム『Hey Stoopid』を鑑賞しました。兎にも角にも、ジャケットのアートワークの奇抜さと、ゲスト参加のミュージシャン(ジョー・サトリアーニ、スティーヴ・ヴァイ、スラッシュ、ミック・マーズ、ニッキー・シックス、オジー・オズボーンなどなど)の豪華さに目を奪われがちですが、上妻個人としてはよくできたハードポップのアルバムであると思いました。これもジャケのセンスの悪さに負けずに、聞いてほいしい一枚であると思いました。

なんとなーく、やる気がなかったのか、ちょっと疲れていたのか、ちゃんと解説原稿を用意していない上妻ですが、ここではしっかりとアウトラインだけは押さえておきたいと思います。

バーンのレビューをまとめると…

「内容はと言うと、前作の延長線上といった感も無きにしもあらずだが、「TRUSH」で見せた“アリス・ワールド”は十分に堪能できる。」(酒井 89点)

「ロックアルバムがミリオン・セラーになるための条件を全て満たすかのよう、あまりにも完璧な作品。(中略)聴き手と市場の要求に見事に応える、超娯楽大作と言っていいだろう。」(増田 82点)

「曲作りの職人たちが寄ってたかって曲を作り、堅実なバック・ミュージシャンがと豪華なゲスト・ミュージシャンが参加し、プロデュースがピーター・コリンズでエンジニアがポール・ノースフィールドと言う“「Operation:Mindcrime」コンビ”の音作りで仕上げたという、非常に贅沢なロック・アルバム。」(広瀬 90点)

「とりあえず今作でも、前作を継ぐよく出来たハード・ポップ路線は盤石。」(平野 84点)

プロデューサーはQueensrycheの『Empire』と『Operation:Mindcrime』で成功を収めたピーター・コリンズですが、結果的にセールスはイマイチパッとせず、The Billboard 200では最高47位、日本のオリコンチャートでは35位でした。

というわけで、ながーいゴールデンウィークだからこそ、五丁目ラジオでお楽しみください。